ここがちがう♪


こんにちは😊 神戸のアーユルヴェーダサロンLunaです🌛✨ 今日はご質問が多い『アヴィヤンガとリンパマッサージの違い』についてお話しします😌 アヴィヤンガとはアーユルヴェーダのオイルトリートメントのことです。 サンスクリット語なのであまり耳にする機会のない言葉ですよね😅 リンパマッサージは、聞かれたことや受けられたことがある方が多いと思います😊 【リンパマッサージとは?】 名前の通りリンパの流れを促進する為にマッサージを行います。 【求心法】という方法で、末端から中心へ、足先から心臓へ向かってトリートメントをしていきます。 血液やリンパ液は全身を巡りながら、栄養や酸素を体中に届け、老廃物を収集する役割があります。 重力によって心臓→末端は流れやすいですが、冷えや筋力不足など様々な理由もあり、末端→心臓へ戻る流れは重力に逆らう動きでもある為、どうしても流れが滞りやすくなります。 そこで、リンパマッサージはその流れの手伝いをしてあげるようなイメージです😊 【アヴィヤンガとは?】 アヴィヤンガはアーユルヴェーダのオイルトリートメントで、薬草オイルを使用します😊 この薬草オイルの力が凄い❗️ 薬草オイルは約15分で骨まで到達するほど高い浸透力を持っています☝🏻✨ そのオイルが血液と共に体内を巡り、2.3日かけて老廃物を絡め取っていく仕組みです😉 そしてそのオイルや老廃物は、汗や尿として身体の外に排出されていきます💡 マッサージの方法としても違いがあり、こちらはリンパマッサージと逆で【遠心法】といって中心から末端へ流していく方法です! いつもリンパマッサージを受けられている方は、「逆流するんじゃないの?!大丈夫ー?!😱」と不安になる方も多いのですが、大丈夫です💪🏻✨ 疲れていると、筋肉だけでなく関節もギューっと固まり、それによって可動域の狭さや更に身体の緊張が起こります。 【遠心法】という方法は関節を緩めてくれる役割もあるのです😊✨ そして、本来の血液、リンパの流れに沿って施術をするので、身体への負担も軽減されます😃 アヴィヤンガは、とにかく薬草オイルをたっっぷり使用し、オイルをグングン浸透させていきます☝🏻 私は、リンパのトリートメントの3倍くらいのオイルの量を使います☺️ そして薬草オイルの力で身体の中のいらないものを徹底的に排除していきます!👊🏻 スッキリさが今まで受けられたトリートメントとは本当に違いますよ〜😆✨ 今日はトリートメントの違いを長々と書いてしまい、難しくなってしまいましたが😅 アーユルヴェーダのトリートメントはぜひ‼️一度体験してみてください😍✨ 


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square