日本には1400年前からアーユルヴェーダが!


こんばんは😊 神戸のアーユルヴェーダサロンLunaです🌛✨ 少し前になりますが、GWに京都へ行ってきました😉✨ やっぱり緑があるところは綺麗な空気が流れていて、心が洗われるような爽やかな気持ちになります😌✨ アーユルヴェーダはインド・スリランカ発祥なので、なんだか『外国の難しいもの』というように感じていませんか?😮💡 そして、最近になって知名度が上がってきたのもあり、最近日本に伝わってきたブームのように取り上げられていることもあります🙌🏻 しかし❗️ そうではなく、遠い昔にアーユルヴェーダはもう日本へ伝わっていたのです🤭✨ アーユルヴェーダが日本に伝わってきたのは奈良時代と言われているので約1300年前です😳✨ 仏教と共に日本に伝わったと言われており、なんと❗️東大寺の正倉院にはアーユルヴェーダの薬草やそれを記した巻物などが今も収められているのです☝🏻✨ そして、奈良国立博物館に国宝として収蔵されている巻物の中には、【体質、季節、時間、地域】によって治療法が違うことや、アーユルヴェーダの3つの体質に基づいた治療法が書かれているのです🙌🏻✨ これを聞くと、なんだかアーユルヴェーダが身近に感じてきませんか?😄 仏教と共に日本に伝わってきたアーユルヴェーダでしたが、その後西洋医学も日本に入ってきたので、その力が強くてアーユルヴェーダが隠れてしまったようです😅💦 それでも時代は巡るというのは、こういうことを言うのでしょうか😌 今は、昔では考えられなかったような現代の食生活や生活環境💡 良い面もありますが、悪い面もたくさんありますよね💦 しかし、それによってまた健康について考える人が増え、アーユルヴェーダが再び日本で注目度を上げています😉 西洋医学にたよることなく、人間本来の自然治癒力、免疫力をUPさせる為に生活リズムや食生活を整える大切さが少しずつ浸透しています😌✨ 《アーユルヴェーダ》ってなんだか難しそう🤔ではなく、私たちの生活の一部であり、身近なところにアーユルヴェーダは存在しているのです😊✨ 先日の京都旅で建築物を見て、昔の人は凄いなぁ〜❗️と感動しましたが、その時代の方たちは現代より遥かに少ない情報や知識の中で、努力しながら今の日本を作り上げてくれたんだなと思うと本当に感謝ですね😊✨✨ アーユルヴェーダが今の日本で広まりつつあるのは、『そろそろ生活改めなさいよ〜🖐🏻』という昔の人たちからのメッセージなのかもしれません😜 アーユルヴェーダと共により良い毎日を過ごしましょう😆❗️ 


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square